2016年7月31日日曜日

自転車旅行時の靴

自転車旅行時の靴ですが基本的な点として靴底が適度に硬いのを選びます。靴底が硬いとペダルの力が足裏全体に分散され、反対に柔らかいジョギングシューズだと、ペダルが当たる部分に圧が集中し疲れ易くなります。其の為、適度に硬い靴底で、尚且つ踏み面が広いペダルだと疲れが低減されます。


効率よくペダリングをしたい場合は、クリート対応シューズもそれなりに種類があるので選択してもいいかもしれません。しかし、クリートが始めての人は、効率がいいので勧められる人もいるようですが、慎重な判断が必要です。これは、トークリップの場合も同様で、異国の地で連日の走行となると想定より疲れが溜まり、膝の故障の原因になるためです。


その他に、寒い地域に行く場合、保温の為ハイカットの靴を選びますが、靴紐を上まで締め足首を固定させると膝関節や股関節をその分大きく動かさねばならず、疲れやすくなり長距離走行が難しくなります。保温の為、ハイカットの登山靴等を選ぶ場合は、靴紐を上まで締めず甲付近で結び、足首の上下の動きを妨げないようにする必要があります。


実際の長期自転車旅行者はローカットのトレッキングシューズを使ってる人が多いようです。暑い場所ではサンダルやサンダル状の靴を履く人も結構います。サンダルだと雨に降られても気にせずに走れ、靴下をはく必要がないのが理由のようです。
タンザニアで出会ったアイルランド人の足元
因みに彼は幹線道路を走らず、裏道ばかりをつないだ自転車旅行をしてる



2016年7月27日水曜日

ペットボトルシャワーと使い捨てタオル


シャワー設備がない場所でキャンプをする場合、ペットボトルで水を運びそれをかぶったり、使い捨てタオルで体を洗ったり拭いたりする方法があります。
ペットボトルシャワーのため水を運ぶのは大変だが
キャンプ生活は快適になり価値はある
(撮影地スーダン)
水の量ですが、大体1.5リットルで頭部を含め軽く全身を流すことができ、約3リットルで石鹸を使い全身を洗うことができます。この際使い捨てタオルを使うと水を節約でき、石鹸で使い捨てタオルを泡立て体を洗い使用後は軽く絞って捨てると、すすぎ分の水を節約できます。
使い捨てタオルは大抵台所用品売り場にあるが、
車用品売り場の場合もある
(購入地、米国)

肌触りが一番良かった使い捨てタオル
(購入地、チリ)

このタイプをよく見かける。店主の場合1枚を半分に切り使用
(購入地、オーストラリア)
気温ですが、20℃以下の外気温で水を浴びると寒く感じるので、気温が下がってきた時は水を温め、温水にすればある程度までは快適に湯浴びができます。寒くて石鹸を使い体を洗ってられない場合でも、湯をかぶるだけでさっぱり感は大分違います。
因みに店主は約-5℃までこの湯浴びをしますが、その際、前にブログで紹介した2リットルの鍋を使い1.5リットルの水を温めると、温度調整がしやすく浴びれるぎりぎりまでの熱水が作れます。

このような寒い場所でもさっぱりするので湯を浴びる価値はある
(撮影地、オーストリア)
気温が-5℃以下になるとテント内で使い捨てタオルに湯をかけて体を拭くのになりますが、拭くと拭かないとではさっぱり感が大分違います。通常のタオルで体を拭くとタオルが数回で臭くなり使用に耐えない物になりますが、使い捨てタオルだと変わり果てた場合は捨てることができるので便利です。
これは砂漠性の地域等、水が貴重な場所でも使える方法です。

寒い場所だと使い捨てタオルをテント内で使用
(撮影地、ピックハンドル湖)

2016年7月22日金曜日

自転車の良さが感じられる映像紹介

ユーチューブで見かけた映像をいくつか紹介。いずれも短期旅行ですが気軽に日常を離れられる自転車の良さが感じられる映像です。

前に話題になりましたウルトラ・ロマンスさん。


普段着っぽい服での走行が良い感じ。最後のロサンゼルスの夜景も印象的です。

「雨や寒くても価値がある」前向きに捉えるのは旅を楽しむこつ、前向きをやりすぎると自己欺瞞的でしんどくはなるが。
最近話題のバイクパッキングを取り入れている。


今月のサイクルスポーツでもバイクパッキングが特集されてました。このバイクパッキング、元々の採用過程(キャリアが付かないロードやMTBを使用)と目的(走行、走破を楽しむ)が違うこともあり、長期自転車旅行では一般的ではない気がします。特に、積載量と耐久性の面、無補給区間で大量の水と食料を持ち運ぶ等の使用では無理がある感じです。


いずれにしろ、どんなかたちでも日常を離れ開放感や非日常を味わうのは短期だろうと長期だろうと旅の良さです。自転車旅を未だされてない方がいましたら、これらの映像を真似て短期自転車旅行でもしてみてはいかがでしょうか。長期自転車旅行の前に屋外泊を経験しておくと色々な面で経験値が高まるので色々な自転車旅行を試してみるのをお勧めします。


(※尚、スペシャライズドは当店での取扱いはありません。)

2016年7月19日火曜日

自転車旅行時の鍋

自炊をあまりしない人にとっては大して重要ではないものですが、鍋について参考までに店主が使っているのを記しときます。


当初は1リットル程の良く使われてる大きさの鍋を使用していました。これが旅の途中で盗まれてしまい再購入で2リットルと1.5リットルの鍋を使うようになりました。かなり大きく感じますが、キャンプ場以外でテント泊する際ペットボトルシャワーを浴びますが、その水の温めにこの大きさが非常に便利で使い続けてます。


その他に自転車旅行者にありがちでそれなりの量を料理しますが、その際もこの大きさならこぼれるのを気にせずに作ることができます。一度に数袋のラーメンを具沢山で作る場合や野菜が多めの肉野菜炒め、大きい鶏の腿肉が入った雑炊等。
大きい鍋だと量が気兼ねなく作れる
写真はベーコンと玉ねぎを醤油で味付けし卵でとじご飯に載せたもの
物価が高いヨーロッパでもベーコンは安く手に入る
鍋の左側は醤油で、今やかなりの国で入手可能
慣れ親しんだ味付けだと食も進む
(撮影地フィンランド)

あまり機会はないかもしれませんが、この大きさなら積雪地帯のテント泊で雪から水をつくる場合でも便利です。



2016年7月16日土曜日

自転車旅行時の衣類と着替えの枚数

自転車旅行時の衣類と着替えの枚数は行く場所や季節、宿やキャンプ場を利用するか等、人や状況により違うと思いますが、参考までに店主の場合を記しときます。


世界一周し最終的に以下のようになりました。
Tシャツ、パンツ、靴下 着てる分も含め5セット
ハーフズボン 1
薄いフリース(襟チャック付) 1
トレッキングズボン(膝セパレート式) 1
寝るときのスウェットパンツ 1
ゴアテックス雨具 上下 1
アームカバー 1
帽子(キャップ) 1


世界一周を始めた頃はTシャツ、パンツ、靴下を着てる分も含め3セットでしたが、途中から5セットになりました。


増えた理由としては洗濯する場所がない区間での着替えの確保と、洗濯機が利用できる地域では洗濯回数を少なくするため、まとまった量まで洗濯を行わないので着替えが必要になります。
ホステルの洗濯機を使いまとめて洗濯
(晩秋のスウェーデン、ドミトリーを一人で使用時)
寒い季節で安宿やがなく、キャンプ場が閉まってる地域だと
こまめに洗濯する機会がなく着替えが必要になる
それか汗をあまりかかないのでそのまま着続ける方法もある

寒い季節では上記に加え現地購入でフリース(厚手)、タイツ(厚手)、肌着下(就寝用)、耳当て、手袋(各種)、ネックウォーマー、毛糸帽、フェイスマスク、スパッツ、オーバーシューズ等を追加しました。これらは寒い地域を通過したあとに廃棄したり日本へ郵送したりしてます。

北米大陸縦断時、南下するに従い暖かくなってきたので
肌着下(ウォルマートで購入)と耳当てを廃棄

安宿がある地域ではTシャツ、パンツ、靴下を5セットも不要と感じます。具体的な場所はメキシコ南部から中米、南米のボリビア付近までや、東南アジア、南アジア、東アフリカは安宿があり、その日に洗濯できるためそれ程の替えは不要に感じます。これらの地域だけであれば3セットあれば十分ではないでしょうか。

2016年7月11日月曜日

自転車旅行時の紫外線対策

自転車旅行を始めようとしてる人の中には自転車経験の少ない方もいますが、そのような方が見落としがちな対策として紫外線対策があります。


自転車の乗車姿勢は普段の歩行と違い、腕や腿、首筋が太陽光に対し直角に当たりやすくなり、普段より日焼けし易くなります。人によっては単に日焼けでは済まず水疱ができ火傷状態になります。過去には症状がひどく数日宿で停滞せざるを得ない人もいました。


対策として、頭部ではつば広の帽子(ハット)をかぶったり、一時的な顔面対策ではタオルを顔で覆い後頭部にまわし洗濯バサミで留める方法があります。一時的に標高が高く紫外線が極端に強くなる場所や、西日が当たり続く場合この方法は有効な対策になります。標高が高く紫外線が強い場所で対策をしないと、後に顔の皮膚がボロボロになり唇が裂けひどい状況になります。
因みにこのタオルで顔を覆う方法は紫外線対策以外にサンドフライ等の虫対策にもなります。


自転車旅行中に標高が高く紫外線が強い状態が続く場所を具体的に上げれば、南米のアンデス越え、パミール高原と周辺、エチオピア等が上げられます。
チリ-アルゼンチン国境のシコ峠(標高4,079m)への道
腕はアームカバーが有効で、機能素材を使ってる品だと実際に温度を下げてくれます。注意として寒い時に着けるアームウォームと間違わないよう確認が必要です。長袖を着る人もいるみたいですが、普段着としてや陽射しが無い時との汎用性を考えるとTシャツとアームカバーの組み合わせが良さそうです。

旅行中(エチオピア)アームカバーを着けた格好
Tシャツはモンベルの速乾性ウイックロンTシャツ
帽子やズボンの膝が汚れてるように見えるのは日焼けによる変色で、
自転車旅行中は紫外線により普段より服の痛みは早くなります

日本の秋から春、日差しが弱い時期にスタートする人は対策を忘れがちですが、行き先が一日中日差しがある砂漠性の地域、日差しが強い低緯度、高い標高が続き紫外線が強い場所へ行く場合は上記のような対策が必要です。


話は変わりますが鞭の鳴らし方を教えてくれた現地(エチオピア)の方はこんな格好で、
今見返すとすごく異国を感じる格好です


2016年7月10日日曜日

村山団地 中央商店街 中元福引き大売出し福引補助券

現在、村山団地中央商店街で福引券を進呈しています。
進呈期間は7月23日迄、福引期間は7月20日~23日の4日間です。
本来は100円お買い上げで1枚進呈です。現在当店に500枚あり完成車購入の方には足りない計算ですが、ある分の枚数を進呈します。10枚で1回の福引、500枚だと50回福引できます。50回福引できます。
10枚で1回福引できます


500枚、それなりの厚み
当選するとお米や辛子明太子、ビール、蚊取り線香、キッチンペーパー等がもらえます。


御来店お待ちしております。

2016年7月7日木曜日

モンベル バロウバッグ 寝袋使用体験記

店主は個々の寝袋メーカーの違いを把握しておらず、寝袋について講評できないため、世界一周中に使用した寝袋の使用体験を記します。


一貫してモンベルのエクセロフト モデルのバロウバッグを使用しました。このモデルの番号#をモンベルのサイトで見れば適用温度等が出てるので参考にして頂ければと思います。


#2をヨーロッパの晩秋から冬の時に使用。十分な暖かさがありこの時期のヨーロッパでは問題無く使えた。恐らく#3では寒い日が多くなり十分ではないと思います。
1月29日フランス ミヨー、うっすらと霜が降りる気温
#2の寝袋で十分な温かさ

#3をユーラシア大陸横断時に使用。途中トルコで寒い時が何度かあったものの雨具を着込んだりしてやり過す。
1月4日トルコ  ホシャップ城
#3の寝袋だけでは寒くて寝れない、ゴアテックスの雨具等を着込む
ユーラシア大陸を西進する場合、冬到来の前に地中海へ抜けられれば寒さを避けられる
#0を晩秋から冬季のアラスカハイウェイに使用。開口部が立体的な作りだが、この開口部が小さく閉じれず熱が逃げるため不満がある。何回か寒くて眠れない日があり、この時期に自分が使用するにはもっと保温性がある寝袋の必要性を感じる。
12月3日 アラスカ ダルトンハイウェイ
#0の寝袋では寒くて眠れない日が度々あった
その後、米国中盤からは再度#3を使用しその後の南米、アフリカや秋のヨーロッパ、北欧に使用する。
10月20日スウェーデン 中部 (廃道上)
#3の寝袋では寒く雨具を着て寝る
トルコやスウェーデンでの一時的な寒い日を意図的に取り上げましたが、旅行全体の日数の割合から見れば少数です。そのため、一時的な寒さに気を取られ大きな寝袋を選ばずに、一時的にしのげるようにすれば、他の大多数の日々は、余分な大きな寝袋の持ち運びを避けられます。
#3は本格的な冬では保温不足に感じるが、大きくない割にはある程度の保温性もあります。一時的に標高が高い場所や冬にかかってしまう場合でも、着込むなどして対処すれば、ダウンと違い気軽に洗濯もできるため、自転車による大陸横断や縦断にはちょうどいいのではと感じました。


店主が冬季を除く長期自転車旅行へ再度行くとすると、この#3を再度持っていくと思いますが、計画性を持ち、晩秋を避けられれば#4でもいい気がします。



2016年7月3日日曜日

サーリー ディスクトラッカー 完成車 キャンペーン


(サーリー ロングホールトラッカー・ディスクトラッカー 当店オリジナル完成車はこちら⇒)

「夏のツーリング応援セール!」を実施します。
ツーリングの定番モデル、サーリー ロングホールトラッカーのディスクブレーキ バージョン ディスクトラッカー 完成車を通常より値引き販売(通常も値引き有りますが....)。価格はメールか電話で問い合わせ下さい。

サーリー ディスクトラッカー 完成車(通常定価税込み209,520円)
対象サイズ26" 42、46、50、52、54
身長約160cm~約175cm
上記対象商品は代理店からの取り寄せになりますが、
現在、店頭で同じジオメトリーのサーリー ロングホールトラッカー サイズ50、52、54は店頭展示中、跨って確認頂けます。


雨が降り、手がかじかむ峠の下り道、握力が徐々に無くなりリムブレーキが効かず怖い思いをした方、そんなあなたのトラウマ体験をこれで解決。


期間は7月26日迄で、商品数に限りがあります(キャンペーン後も多少は値引きしてます)。

上記キャンペーン商品を含み、当店で完成車購入の方、無料で自転車の旅に役立つメンテナンス講習が受講できます。初心者の方にも分かりやすく丁寧に説明致します。旅の相談と合わせご利用下さい。

問い合わせ、御来店お待ちしております。