2016年8月31日水曜日

自転車旅行者の防犯対策の為の情報収集

海外を自転車で旅行するために事前に情報収集をしておくとある程度犯罪を防ぐことができます。


情報源としては「外務省海外安全ホームページ」「米国国務省領事局の海外旅行情報」と、前に紹介した「地球の歩き方」「ロンリープラネット」の治安情報、そしてインターネット上にある犯罪統計や自転車旅行者、バックパッカーのブログ、現地滞在の日本語話者が書いた個人ブログ等があり、これらが参考になります。


その中で一番重要な情報として、犯罪がいつ、どこで、どのように実際に起こったかが記されてる犯罪の発生状況を読み込んでおくと一番役に立ちます。犯罪の発生している場所や時間帯を避け、避けれない場合はその犯罪形態に備えておけばある程度の犯罪を防ぐことができます。そして、これに加え、現地で得た情報や統計情報、現地での肌身で感じる感覚を加え犯罪に巻き込まれないようにします。


一般に治安を表す犯罪率と呼ばれているのは単位人口(10万人)当たりの犯罪件数ですが、自転車旅行者の場合は人がいない土地を走る事も多いため、単位面積当たりの犯罪率のほうが実感に近くなる場合も多くあります。


カナダやオーストラリアのように犯罪率が日本より高くても、犯罪の最大要素である人が居なければ危険を感じず、同じくアルゼンチンといった単位人口当たりの犯罪率が高く、治安が悪いといわれてる国でも面積が広大な場合、多くの自転車旅行者は大都市以外では平穏に感じることが多いです。


このような単純な国単位の人口当たりや、面積当たりの犯罪率でも参考にはなりますが具体的な予防には不十分で、漠然とした犯罪率で判断し楽観視したり恐れたりするのではなく、実際に犯罪が、いつ、どこで、どのように行われているかという犯罪発生状況の下調べに注力することが防犯上役に立ちます。


もう一つの例としてメキシコだと殺人件数が非常に多く戦争と呼ばれている程で、OXXOで新聞を見れば頻繁に凄惨な現場写真が掲載されています。しかし、実際に走行してみてもあまり戦争と呼ばれているようではないと多くの自転車旅行者が感じてます。これは麻薬関係者とそれを取り締まる関係者が被害者で主に夜間に営業してる酒場や関係者の周辺で起きる事が多いためだと言われています。


このように一般者を狙った犯罪か、特定のグループや政治目的か等、犯罪事由や発生状況を各種情報から読み込み判断することにより、その起こっている時間帯、特定の場所を可能なだけ避けることで、犯罪を未然に防ぐことができる割合が大きくなります。
旅行者に関係がない政治的対立で治安が悪い場所では、
一般犯罪が頻発している場所より危険を感じない場合がある
(撮影地 コロンビア 軍の検問所そば)
防犯上のもう一つの視点として現地での雰囲気から治安状況を判断する方法があり、中米の一部の国のように商店には鉄格子があり、銀行前では警備員が銃を構え、路上にゴミが散乱し、交通も喧騒状態で、落書きや破壊行為があるような順法精神に乏しさを感じさせる場所だと治安がよくないとすぐに判断できます。


この治安状況を肌身で判断する方法ですが、ある程度迄は上記のように可能ですが、危険度が必ずしも周りの雰囲気と合わせ漸増、漸減する訳ではない点を留意する必要があります。


例えばケニアのナイロビではそれなりに整ったオフィス街や公園で白昼に強盗(最近はないようですが)が起こり、同じく南アフリカのケープタウンや南米の大都市等、貧富の差が大きく、整った町並みのそばにスラム街があるような場所だと町並みと治安が必ずしも常に一致する訳ではないようです。そのため、肌身の判断に頼るだけでなく、どのような犯罪が過去に起こったのか、犯罪事例、犯罪発生状況の読み込みがこのような場合でも防犯上役に立ちます。


以上のように、それぞれの国や地域で、どのような犯罪が、どこで、いつ起き、自転車旅行者が巻き込まれているか、或いは巻き込まれる案件か、事前の情報収集とそれに対応する行動が犯罪に遭わないためには非常に有効になってきます。


余談ですがアメリカと日本の単位面積当たりの殺人発生率に極端な違いはなく、アメリカ人と比べ日本人の殺人率は非常に低いものの、日本という土地当たりの殺人率はアメリカと比べ極端に低くないことになり、よく言われる「日本は安全な国」という表現も見方を変えれば変わってくるようです。居住可能面積で計算するとまた興味深い数値になるかもしれません。

2016年8月28日日曜日

26インチ 手組みホイール リムブレーキ仕様 在庫してます


26インチ 手組みホイール リムブレーキ仕様を今後、基本的に在庫品として常備するようにします。事故による破損やリム割れ等、急な入用の際も御利用下さい。


仕様
リム:アレックスリム DH-19  32H
スポーク:DT SWISS チャンピオン 2.0mm(ニップルは真鍮)
ハブ:DEORE  XT(前HB-T780、後FH-T780)写真はシルバーですが黒もあります。
前輪 価格13,272円(税抜)
後輪 価格16,086円(税抜)


リムDH-19は鳩目付きで強度を増してます

スポークプレップ(緩み止め)を塗布してます

テンションメーターを使用しスポークの張りを全数チェックしてます
パークツールのWHEEL TENSION APPで確認すると
当店ホイールだと15%以内に全て入っており10%のホイールも多くあります

ハブはXT(HB-T780、FH-T780)を採用してます。このXTハブ、前輪の両側にリテーナー、後輪は反フリー側にリテーナーを採用しており、玉はじきを防ぎ、走行性能、メンテナンス性を向上させてます。
後輪ではフリー側がリテーナーなしなので玉当たりの調整はきちんとやる必要があります
定評あるデュラグリスを多過ぎめに追加してます

定評あるデュラグリスを多めに追加しシール性を向上させてます
郵送も致します。
・国内発送費(送料込み):全国一律1,000円(税抜)
・海外発送 EMS、郵便小包での発送で下記荷姿寸法、重量を参考に実費請求になります。
前輪 荷姿寸法 縦0.71m×横0.71m×長さ0.13m、総重量2.2kg
後輪 荷姿寸法 縦0.71m×横0.71m×長さ0.17m、総重量2.7kg

郵便局のホームページから国際郵便料金表と国際郵便条件表を参照下さい。大抵の国は「大きさ-長さ1.5 メートル、長さと長さ以外の方向に計った最大の横周との合計3メートル」で問題ありませんが、国によっては大きさの関係で送れない国があります。

支払いは日本での銀行振り込みになります。日本にいない方は親族、友人、知人に依頼することになると思います。


その他に、上記のような仕様で手組みホイールを承ってます。ディスクブレーキやハブダイナモ等の要望がありましたら問い合わせ下さい。
基本工賃として、おちょこが必要なハブ(後輪やディスクブレーキ)は5,000円(税抜)、おちょこ不要(前輪等)は4,000円(税抜)になり、これに部品代が加わります。


ご注文、問い合わせお待ちしております。



2016年8月25日木曜日

当店のフレームからの組み付けざっくり紹介

昨日のブログで紹介しましたオリジナル完成車を介し、当店のフレームからの組み立てをざっくり紹介します。

パーツ組み付け前にフレームの前処理を行いますが、垂直や平行度を出すのと塗料の溜まりを除去するのが目的です。
クラウンレース取り付け部のカッティング



ヘッドチューブのフェーシング



ボトムブラケット部のフェーシング
今回はBBのタップは不要でした



塗料がネジ山を塞いでる箇所はタップで除去しておきます

エンドの平行度の確認


以前組んだディスクトラッカー
ISマウントなのである程度の調整は可能ですが
塗料が盛り上がってるのでフェイシングをし、より良い組み付け状態へ
フレームの前処理が済みましたらパーツを適切な工具と適宜グリース類を塗布し組み付けていきます。場所によってはトルクレンチを使用し、適切に組み付けております。

場所により、より適切なケミカルを使用しております

アウターの末端も適切に加工し、内部に潤滑剤を吹付ける
見えない箇所にも耐久性を増すようグリスを塗る

長期間ノーメンテで走れるようにハブにデュラグリスを多めに追加
玉当りも長期間の使用に耐えるよう当たりを適切に調整してます
スポークには緩み止めを塗布

ホイール組みはテンションメーターを使い一定範囲内に収まるような精度管理をしてます
これにより大幅にスポーク折れを防げます

以上ざっくりとかいつまんでの紹介ですが、日本を離れると地域や国によっては満足なメンテナンスを受けられる場所があるとは限りません。そのような状況を頭に入れ、自転車旅行に出られるお客様が快適に、自転車に乗ること自体が楽しくなるように、丁寧に、心を込めて、店主(自転車技士、自転車安全整備士)が適切に組んでおります。





2016年8月24日水曜日

サーリー ロングホールトラッカー 当店オリジナル完成車

サーリー ロングホールトラッカーの当店オリジナル完成車を組みました。


自転車世界一周した店主の経験を元にパーツ選定しております。安く済む部分は安く、必要な箇所へは必要なパーツを採用しております。他の店では高いパーツ選定をしているものの大陸横断どころか日本一周もきつそうなものも見受けられます。
この当店オリジナル完成車はそのようなものではなく、実際に大陸横断・縦断・周遊を実現可能にする目的で仕様選定しております。


価格は 151,000円(税別、ペダル別)です。
ディスクトラッカー仕様だと、169,500円(税別、ペダル別)になります。
※2017年から上記に価格変更してます。
※完成車価格はパーツの定価を積算した額(少し値引き有り)になり、組み立て料は無料です。安いパーツや高いパーツへ変更でき、価格はその分の足し引きになります。その為、特にホイールは工賃が無料になる分、仕様が高い割りにお得になっております。
このフレームサイズは46cmですが他に当店フレーム在庫と代理店在庫品がありますので問い合わせ下さい。

ホイールは当店の手組ホイールを採用してます。
この完成車を含め、当店で完成車購入の方は無料でメンテナンス講習会が受講できます。基本的なパンク修理から変速調整、ブレーキ調整、飛行機への輪行方法等、自転車の旅では非常に有用な、経験に基いた講習会です。


自転車の不具合は必ず起きるものではないので、中には講習会を面倒がる人もいるかもしれませんが、不具合が絶対に起きないものでもありません。特に長期になればなるだけその可能性は増し、不具合が自分で修理できなければ先進国では費用が高くつき、途上国ではうまく修理できないかもしれません。


それと、このような技術習得の価値は容易に貨幣換算できるものではない程の価値を有しております。特に自力走行の手段である自転車のメンテナンス、輪行方法を、自分でこなせるようになると、心理的にも自立し、実際の行動でも自分の自由意志で活動でき、行動範囲と共に価値観、思考範囲も広がります。


当店で大陸走破に適した自転車を購入し、且つ、この機会を生かしメンテナンス方法を学び、世界を縦横に移動し人生に広がりを加えてみては如何でしょうか。


購入の流れとしましては、御来店頂きサイズ確認、仕様、納期、講習会日時の確認があります。購入決定頂けましたら2万円の前金を頂きます。その後(大体10日後)、完成しましたら再度来店頂き講習会と引き取り、残金支払いとなります。2度も来店できない場合はメールや電話でのやりとりをし、サイズ確認と講習会が同日になり、完成車で合うのがあれば当日、合わなければ後日完成車を郵送(5,000円追加)による納車になります。


当店、キャンプツーリング目的のサーリー ロングホールトラッカーでは日本有数の展示数を誇っており、フレーム単体の販売も致します。


御来店御待ちしております。

2016年8月18日木曜日

自転車旅行時の水と浄水器について

水についてですが、大抵の地域では途上国を含めペットボトルやビニール袋の水が安く購入できます。基本的に人が定住していれば、辺鄙な場所で未開の地でない限り、水の入手や水分補給が極端に困難になることはないと思います。


浄水器の類が必要かどうかですが、明らかに必要な場所へ行く以外は基本的に持っていく必要はないと思います。店主もシルクロードで必要になると考え持って行きましたが、一度も使うことなく日本へ送り返しており、他の自転車旅行者も結局使用してないみたいです。
一部の人は現地の水道水を浄水器でろ過し飲み水にするみたいですが、それなりに手間がかかると思います。


実際の自転車旅行者は腹が丈夫な方々が多く、途上国でも水道水等を現地の人がそのまま飲んでいればそのまま飲む人がそれなりに見受けられます。その辺は各人の腹の丈夫具合やリスク管理に対する考え方によると思います。因みに店主は途上国だと殆ど購入しています。
公共の水がめ、地域での公共心を感じさせ良い印象がする
これを飲んで体調を崩した話を聞いたことはない
気化熱を利用し冷えている
(撮影地 スーダン)


こちらはミャンマーでの水がめ
スーダンと同じ様相で興味深い




屋根で覆われてる井戸
井戸や水場は商店がない場合でも水が気軽に入手でき助かる場合がある
(撮影地 ベラルーシ)




干上がった川底を掘り水を汲んでいる
水を得るのは大変な一方近くの村ではコーラを売っている
(撮影地 タンザニア)


ペットボトルの水の入手が難しく、店主にとって水分補給に苦労したキューバ
氷入りのサトウキビジュースやフルーツジュースがよく売られているが
飲んだ後の数時間、腹が痛くなることが多かった


2016年8月15日月曜日

一部の人にとり大陸縦断や横断での暑さについて

大分暑い日が続いてますが暑さに関連し、南北アメリカ大陸縦断やユーラシア大陸横断、アフリカ大陸縦断では大抵暑い土地を通過しなければならず、この際、一部の方がこの暑さに大分難儀される傾向が見られます。


この一部の方ですが、今迄に少年野球や少年サッカー、部活動でのスポーツ活動を本格的にやった経験がないみたいで、いわゆるインドア系で、自転車旅行を始めた方々です。


汗腺の数は生育環境に大きく影響を受け、その働きは汗をかく運動経験によると聞いたことがあります。インドア系の人は厳密に調べた訳ではありませんが、これらの汗腺の数と働きの影響で体温調整能力が運動経験者と比べあまり発達してないようで、他の人が暑いながらも通過できた区間で、体温調整が上手くいかず体温が上昇し、汗をかくだけで疲れ、走行距離が伸びず、効率良い発汗ができずに水分を常時取るため胃が疲弊し、体調を崩してしまう傾向があるようです。     


大陸走破には暑さが数ヶ月続き、日本の夏の暑い期間より長く、水分や塩分補給の工夫等の対処もありますが、根本的な体温調整能力の低さを補いきれないように感じます。そしてこの暑さが数ヶ月以上続くと体がどうなるかは日本での生活では意識しないと気付かないことかもしれません。


対応策としては自分自身暑さに強いかどうか慎重に判断し、ルート選び、季節を可能なだけ現実的に判断し、旅中は身体活動の低下を現実的に受け止め、いたずらに他者との走行距離を比べずに自分自身の旅と捉え、一日の走行距離を短くし、泊まる宿は高くてもクーラーがある清潔で快適な宿を選び(クーラーで体調が悪化する人もいます)その分の予算も考慮に入れ、ルート選びも大陸走破の為の最短一般的ルートをとり、登りはあるものの標高が高く涼しいルートを走る等の対策をおこなえば多少はましになると思います。
暑く、補給箇所が少なく、満足な宿もなく、ビザ日数が限られるルートは
難易度が上がるため、人によっては慎重なルート選びが必要になる
(撮影地 中国 瓦石峡~且末間、熱風の中100km以上走り2ヶ所しか休める日陰がない土地)
砂漠性の乾燥した暑さは日本にない暑さ
昼間は暑くても夜は涼しさを通り越し冷える場合もある


高くてもクーラー付きで清潔、快適な宿や部屋を選択する方法もある
(人によってはクーラーのほうが体調を崩しやすい人もいる)
(撮影地 キューバ、外国人指定の宿で一定の設備を揃えてる)




2016年8月10日水曜日

安宿インフラ設備の外れについて

安宿のインフラ設備には当たり外れがあり、外れの場合でも多少の知識や方法を知っていると改善する場合があります。


本来であれば宿内の故障の類は従業員が当たるべきですが、これが設備と同様に当たり外れがあり、頼りになるかどうかの見極めも必要になってきます。頼りにならない適当な従業員の場合は早めにあきらめ、よくある「明日やる」の言葉をあまり真に受けず、自分で対処したほうが早い状況も多々あります。


具体的な箇所ですが、電気系だとコンセントの電気が来ない場合、中の端子を挟む部分が開いて接触しない場合がよくあり、その場合は感電しないようにしながら開きを戻すと電気が通じます。
電球が切れてる場合は従業員に頼むより自分で他の空室のと交換したほうが早く済みます。


水周り関連だとトイレのタンク内の構造を知っておくと、故障の際に不便な思いをせずに済むため、構造は単純なので自分で直せるようになることをお勧めします。
何泊かする部屋で洗面台が詰まって流れない場合は下の排水管の清掃を自分でやってしまったほうが快適になる場合もあります。


温水も電気式であれば配管をたどり、温水タンクのブレーカーが入っているか自分で確認し、入ってなければ入れ、温度が十分に上がってるか確認し、ガス式であればパイロットが点いてるか、点いてなければ自分で点け、ガスボンベの栓が開いてなければ開け、ボンベの中身の量を確認し、空の場合はボンベを交換するよう従業員に伝えると、早めに温水シャワーが浴びれます。
温水タンク、表示されてる温度計が壊れてることもよくある
(撮影地 メキシコ)


湯沸かし器、人が種火を点ける種類は自分で点けると早く温水シャワーが浴びれる
左はガスボンベ、機会があれば空の時に持ち上げ
大体の重さを経験しておくと後で役に立つかも
(撮影地 エクアドル)
日本では見かけないシャワーヘッドに取り付けられた温水器
出口が詰まってる場合は出口部を外し軽く叩きつけたり洗うと出が良くなる
(撮影地 キューバ)
いずれも個別だと些細なことですが、これらがうまくいかないと、暗い部屋でパソコンの充電もできず、トイレの大小便もバケツで汲んで自分で流し、洗面台では汚水が溜まり、シャワーも冷たいのを浴び、快適とは程遠い状況になります。


チェックインする前にこれらの設備を確認をすることも可能ですが、多少の知識や方法、労力で対処できれば価格帯や宿の選択肢が広がるので、自分で対処できるようになることをお勧めします。

2016年8月6日土曜日

自転車旅行時のライト

自転車旅行時のライトは走る場所や季節、宿泊方法、安全意識により違ってくると思いますが、参考までに店主の使用ライトを記します。


自転車旅行時のライトは走行中だけでなく、テント泊や宿内で使用できる汎用性が必要で、世界一周時は自転車へ直接取り付けるライトではなく、2つのヘッドライトを使用しました。一つが200ルーメンのヘッドライトで自転車乗車時に使用、もう一つは35ルーメンのヘッドライトでテント泊や宿内で使用しました。


基本的に暗くなる前に宿やテント泊地を見つけるのが前提のため、ライトの能力をそれ程求めてないことがあります。そして、この前提が崩れる状況、暗くなったが宿に着けず、テント泊地が見つからない状況でライトが必要だと、自転車へ直接取り付け単純に走行の為のライトよりヘッドライトが役に立ちます。


具体的な点として、ヘッドライトだと宿を見つけるための看板や道路標識、テント泊地を見つけるため道路の脇を、自分の視線と連動し照らすことができます。これが自転車取り付けライトだと照射方向が限られ、特に頭上の道路標識と真横の照射に難儀します。そしてこのような暗くなる状況は概して安全上の理由もありあせる時が多く、ヘッドライトの照射方向の自由度、視線との連動性が自転車取り付けライトと比べ心理的にも大きな差を感じさせます。


自転車取り付けライトとヘッドライトの両方を装備すればそれだけ安全な走行になるので荷が増えるのを気にしない方は両方が安心かもしれません。ただ荷の使用効率を気にする方は、あまり使う機会がなくヘッドライトだけで十分用が足りると感じるかもしれません。


35ルーメンのヘッドライトを使用した理由として、200ルーメンのヘッドライトでも弱い照射は可能ですが重量があり、35ルーメンのヘッドライトだと大分軽く寝転がった時の使用感が良好で、電池寿命が長いため使い続けてます。ただ短期旅行であれば35ルーメンのヘッドライトは不要かもしれません。


それと、アウトドア経験のない方はヘッドライトがなくても普通のライトでいいと考えるかもしれませんが、両手が自由に使え視線方向を照らせるヘッドライトは非常に役立ちます。アウトドア活動では必携品と捉えていいかもしれません。
これはテント泊のみならず、停電が頻発する国やトイレが暗い宿等でも何かと役に立ちます。
停電が一般的な国もある
停電時もヘッドライトが役に立つ




話は変わりますが、本日ディスクトラッカー引取りの方は50代の方で、来年の初めに東南アジア周遊予定とのことです。海外旅行経験は豊富ですが、自転車は初めての方で、当店の講習会を受講頂き、そして大分評価して頂けました。有り難う御座います。

この猛暑の中、自宅の大磯まで自走する50代のY様
夜、無事到着のメールが届きました

当店の講習会は初心者の方にも分かり易く、丁寧に説明いたします。完成車購入の方は無料で受講可能です。どうぞ御利用下さい。


当店、ツーリング車として定番のサーリーのロングホールトラッカーとディスクトラッカーを主として取り扱っております。完成車をはじめフレーム組みの要望もありましたらお気軽に問い合わせ下さい。その他にKHSのモンタナツアーも取り扱っております。
ロングホールトラッカーのフレームは一般市販品ツーリング用
フレームの中で一番のフレームです