2017年5月6日土曜日

【 CROSS CHECK】にリアサイドバッグを付けると踵が当たるか。

クロスチェックのリアにサイドバッグを付けると踵が当たる、といった話があるので確認してみます。

ロングホールトラッカーだとリア-センターは460mm、自転車の中では最長の部類に入ります。クロスチェックだとリア-センターは420mm~425mmと短くなってます。

チェーンステーの長さの違いはリアサイドバッグが踵に当たる以外に、操舵性に影響を与えます。後ろタイヤが地面と接地した場所を支点に、乗ってる人の距離が遠いとゆったりした感じになり、近いとクイックな操舵感になります。それと、振動吸収による快適性にも影響があります。
今回はサーリー ナイスラックをクロスチェックに取り付けてみます。
サイドバックはオルトリーブ バックローラー クラシック
後ろに寄せますが、フックをずらせばまだ後ろに寄せれそうです。
靴のサイズは26.0、通常の拇指球より先にペダルを当ててますが、余裕は十分ありそうです。
オルトリーブバックローラークラシックのフックは容易に移動可能です。
荷が多い場合はフックの追加も有効です。


クロスチェックにリアサイドバッグを付けると踵が当たるのは、バッグ位置による可能性があり、少なくともサーリーナイスラックを使用した場合、後方へ置くようにすれば踵が当たることはなさそうです。
サーリー ナイスラック フロントとサイドバッグを取り付け。
クロスチェックはキャンプツーリングにも対応可能です。
クロスチェックはフロントラック、フェンダーも取り付け可能です。荷が多かったり長期間の旅ではロングホールトラッカーをお勧めしますが、荷が少なく短期の場合等ではクロスチェックでも十分対応可能です。

様々な要望にお答えできるクロスチェックおススメ品です。