2017年6月19日月曜日

ハブダイナモ ホイール 700C 在庫してます。

通勤通学で常に暗くなってから帰宅、出勤される方にはバッテリーライトよりダイナモライトのほうが便利です。

特に長い距離を走られる方にとっては数日で充電の必要があるバッテリー式より、充電忘れ、バッテリー切れの心配がないダイナモ式のほうが安全です。

当店では今後、以下の仕様のハブダイナモホイールを在庫するようにします。

ハブ:シマノDH-C3000-3N-QR 6V 3W E2コネクター 700g 4,962円
リム:アラヤTX-733 700C シルバー 32h FV  リム幅25mm     2,080円
スポーク:DT-swiss  chanpion 2.0mm               1,459円
工賃:                                                    4,000円 
                       合計   12,501円(税抜)

 

ハブ:シマノDH-C3000-3N-QR 6V 3W E2コネクター 700g

アラヤTX-733 700C シルバー 32h FV  リム幅25mm
品質が良くお値段控えめのリム。
スポーク:DT-swiss  chanpion 2.0mm 
当店では緩み止め(左端水色)を付けて、末永く品質を保つホイールを組んでます。
当店ホイールのスポークテンションはParktoolのテンションアプリによると15%以内に入っており、10%の場合も多くあります。これにより良好な回転を提供します。




ホイールとハブダイナモライトを一緒にご購入の場合は総額の5%をセット値引き致します。
左が【GESTAR アルミヘッドランプ X50(税抜7,200円)】、右が【BIKI Dynamo LED Light(税抜5,800円)】
当店ハブダイナモホイール  12,501円
アルミヘッドランプ X50     7,200円
         合計    19,701円
     セット値引き5%       985円
           合計  18,716円

この他に、ハブではシャッタープレシジョンやシュミット、ダイナモライトではブッシュ+ミューラーも取り扱ってます。

ホイールの基本工賃は前輪が4,000円、これにハブ、リム、スポーク代が加わります。


自転車をお持ち頂いた場合はタイヤ交換、ライト取り付けを無料で行います。




御来店、ご注文、お待ちしております。




2017年6月8日木曜日

SURLY【LONG HAUL TRUCKER】メーカー完成車のチェーンについて

サーリーのロングホールトラッカー メーカー完成車のチェーンは118リンクがついてます。

しかし、現在新規に購入可能なKMCやシマノのチェーンでは116リンクが殆どです。この116リンクを取り付けてフロントアウター、リア最ローのたすき掛けにした場合、破損は起こらないものの回転が渋い感じになってしまいます。
メーカー完成車で118リンク、フロントアウター48歯にリア最ロー36歯にした状態。
このようなたすき掛け状態はチェーンや変速機、スプロケットに余分な負荷がかかり、パーツの寿命を短くしてしまいます。

このような場合はシマノのパーツに良く載っている下図のようにすることで解決できます。基本としてはたすき掛けにならないように普段から注意しておけば、効率のいい回転になりパーツ類の不要な磨耗も防げます。

たすき掛けにならないようにすることで音鳴り防止する解説。
これにより音鳴りを防ぐだけでなく、パーツに無用な負担がかかることを防げます。





2017年6月1日木曜日

自転車旅行ざっくり難易度世界地図

転職の合間の自転車旅行で相談を受けたので、参考のため自転車旅行で難易度を記した図を作成しました。

ルートはよく利用される道を基準にしています。自分でも記されている難易度は突っ込みどころがあると思うので、他の方から見たら尚更かもしれません。それらの異論も参考にして頂きながら自転車旅行の初期計画に役立てて頂ければと思います。
5段階で難易度5が一番難しく、1が一番容易になります。
人力走行、アウトドア活動、異文化環境等で困難な要素があれば難易度を上げています。
人によっては得て不得手があるので、その点が異論になるかもしれません。

※基本的な注意点ですが、自転車旅行は基本、◎人力走行◎アウトドア環境◎異文化環境での活動になるため、難易度1といっても各要素を自分で対応できなければ成り立たない活動です。うまく対応できなければ疲弊し、ブラック自転車旅行者と言っていい状態になり、最悪は事件事故に遭ってしまいます。そのため、自転車旅行で難易度1でもある程度の能力と準備、労力が必要になります。

とはいえ、自転車旅行は前にもブログで書きましたが、極端な困難性がある訳ではありません。各人に合わせて情報収集と準備をしていけば幅広い人々が楽しめる旅行形態です。


各難易度の解説です。

・難易度1
東南アジア、欧州が難易度1ですが、補給が容易で治安もいいため難易度1にしています。これも異論としては欧州でテント泊が上手くできないと、宿代がかかったり睡眠が確保できずに疲弊し、東南アジアでは暑さや食事が合わなければ苦労します。ただ、欧州も東南アジアも補給に加え、文化面、親日度で自転車旅行をしやすい地域のため、難易度1にしています。

・難易度2
北米、オーストラリアが難易度2ですが、治安はそれなりに保たれ親切な人が多く旅行し易い地域です。ただ、難易度1と違い補給区間が長い箇所があるため、難易度2にしています。

・難易度3
モロッコ-セネガル間やタンザニア-アフリカ間が難易度3です。これは補給区間が長い難易度2に加え、衛生状態や、文化面で難しさが増すことで難易度を上げてます。

インドの難易度3は異文化面、衛生状態で非常に難易度が増すので難易度を上げてます。人によってはこの異文化は楽しみが増すことなので、その点は異論が出る箇所かもしれません。かといって、インドを難易度2と同等にするのは違う気がするので、難易度3にしています。

・難易度4
中南米ですが、主にアンデスの山岳地帯のため難易度を上げてます。自転車旅行での難易度評価なので、自転車走行を全うしようとしたときの難易度評価にし、難易度を上げています。体力のない方は場所により適宜バス等のワープを使えば難易度を下げることができ、自転車旅行を楽しむことができます。特に年配者は標高が高い場所での走行に注意が必要です。

・難易度5
難易度4と難易度5の違いはビザ等の政治的な面での困難性が増しているためです。
ユーラシア大陸横断は長大な区間を走行し、砂漠性の無補給区間、異文化、昔より良くなったもののトルクメニスタンやイラン等のビザ取りの難しさがあり難易度を上げています。

エジプト-ケニア間はエジプト、スーダンの砂漠地帯が長く続き、これに加え特異文化と高低差のある地形のエチオピアがあり、衛生状態も加え体調維持が難しいために難易度を上げています。ビザや外国人登録も必要で、ユーラシア大陸横断程難しいとは思いませんが、中南米より難しいのではと考えています。


以上、それなりに考えた上での難易度評価ですが、これを元に更に各人に合わせ情報収集をして頂き、自転車旅行を楽しんで頂ければと思います。